エゴマ油、ココナッツオイル、亜麻仁油の違い どれが一番いい油なの?


健康や美容に対しての効果が高く、 
 
体には必要不可欠な 
 
必須脂肪酸。 
 
エゴマ油、ココナッツオイル、亜麻仁油の違い どれが一番いい油なの?
 
 
中でも、特に現代人に 
 
不足していると言われているのが 
 
オメガ3脂肪酸です。 
 
 
 
そのオメガ3脂肪酸を 
 
豊富に含んでいる良質な油が 
 
エゴマ油とココナッツオイル、 
 
そして亜麻仁油
です。 
 
 
 
エゴマ油もココナッツオイルも 
 
亜麻仁油も、 
 
体に良い効果があるというのが 
 
共通していて、 
 
どの油からも 
 
ほぼ同じ効果を 
 
得ることができます。 
 
 
 
  エゴマ油、ココナッツオイル、亜麻仁油の主な効果

 

  • 血流の改善や血栓予防
  • アレルギー症状の抑制
  • 悪玉コレステロール値の低下
  • 生活習慣病の予防 など
  • アンチエイジング
  • ダイエット効果
  • 肌や髪をトラブルから守り健康にする

 

ですので、これらの油は 
 
効果に関して言えば 
 
大きな違いはありません。 
 
 

 

エゴマ油、ココナッツオイル、亜麻仁油は味や原料が違う


まず、違いとして挙げられるのは 
 
原料や味の違いです。 
 
 
どれも特に癖があるわけではないものの 
 
味は人それぞれ好みやあるので、 
 
どれが一番良いとは言えません。 
 
 
 
ですが、エゴマ油や亜麻仁油は 
 
熱を加えることで酸化しやすく
、 
 
 
ココナッツオイルは熱に強く 
 
酸化しづらい
という違いがあります。 
 
ココナッツオイルは酸化しにくい
 
 
酸化した油は、有効成分が 
 
過酸化脂質に変性してしまい 
 
体に悪影響を与えるため、 
 
こういった点から見ると、 
 
ココナッツオイルの方が扱いやすく 
 
調理にも取り入れやすい
ので、 
 
良い油と言えるでしょう。 

 
 
 

DHAを摂取できるのは亜麻仁油だけ!


ただ、この3つの油の中で、 
 
亜麻仁油は唯一DHAを 
 
効率よく摂取することが
できます。 
 
 
 
亜麻仁油に含まれるαリノレン酸は、 
 
体内に入るとDHAに変換されるので、 
 
青魚などからしか摂れない 
 
DHAの不足を解消することが 
 
できるというメリットがある
のです。 
 
 
 
DHAと言えば 
 
頭がよくなる成分と言うイメージが 
 
強いですが、 
 
働きはそれだけではありません。 
 
 
 
DHAは脳や網膜の 
 
リン酸脂質の主要成分であり、 
 
神経組織の機能を維持したり、 
 
発育に関与したり、 
 
精神を安定させるという 
 
重要な働きがあります。 
 
 
 
更に、DHAは 
 
母乳や胎盤にも使われる成分なので 
 
妊婦さんにも欠かせない 
 
脂肪酸になります。 
 
亜麻仁油の効果効能
 
 
もちろんエゴマ油も 
 
ココナッツオイルもいい油ですが、 
 
必須脂肪酸の一つである 
 
DHAが摂れるのは 
 
亜麻仁油だけ
。 
 
 
 
ですので、健康や美容効果を 
 
期待するのであれば 
 
亜麻仁油が一番いい油
 
 
言えるでしょう。 
 
亜麻仁油最新ランキングはこちら