亜麻仁油の摂り方 摂取量と摂るベストタイミングは


亜麻仁油の摂り方 摂取量と摂るベストタイミングは
亜麻仁油は、 
 
高熱を加えると 
 
酸化して
しまい、 
 
有効な成分が過酸化脂質など 
 
体に良くない成分に 
 
変性してしまいます。 
 
 
 
ですので、亜麻仁油の摂り方の基本は 
 
熱を加えない生の状態です。 
 
 

 

亜麻仁油の最適な摂取量は大さじ1杯程度


摂取量に関しては、 
 
特別基準が設けられていません。 
 
 
 
ただ、厚生労働省の 
 
健康指針ガイドでは、 
 
 
オメガ6脂肪酸と 
 
オメガ3脂肪酸の割合が 
 
4対1になるのが 
 
望ましい
とされています。 
 
 
 
亜麻仁油には 
 
いろいろな栄養素が含まれていますが、 
 
主な有効成分はオメガ3脂肪酸。 
 
 
ですので、亜麻仁油を 
 
オメガ3脂肪酸として考えれば、 
 
亜麻仁油の摂取量は 
 
1日に3g程度が理想
と言えます。 
 
亜麻仁油は1日に3g程度が理想
 
 
これは軽量スプーンでいうと 
 
大さじ1杯弱ぐらいなので、 
 
亜麻仁油の摂取量は 
 
大さじ1を目安にする
といいでしょう。 
 
 
 
ただし、これはあくまでも 
 
オメガ6脂肪酸との割合で 
 
計算する摂取量になります。 
 
 
 
例えば、質の悪い油を 
 
たくさん摂取している場合だと、 
 
オメガ6脂肪酸などの割合は 
 
もっと増えますから、 
 
 
亜麻仁油の摂取量も 
 
増やした方が良いと言えます。 
 
 
 
いずれにしても、 
 
亜麻仁油の摂取量は 
 
他の栄養とのバランスが大事
です。 
 
 
 
亜麻仁油だけを 
 
たくさん摂るのではなく、 
 
いろいろな栄養素を摂ることが 
 
亜麻仁油の効果を 
 
活かすポイント
になります。 
 
 
 
ですが過剰摂取をしてしまうと、 
 
逆に体に良くない影響が 
 
出ることもありますから、 
 
 
 
普通の食生活であれば 
 
大さじ1を目安にするのが 
 
わかりやすいでしょう。 
 
 

 

亜麻仁油は食事中にとるのがベスト!


亜麻仁油を摂るタイミングで 
 
ベストなタイミングは 
 
他の栄養素と 
 
一緒に摂取できる食事中
です。 
 
 
 
サプリメントなどでしたら 
 
朝おきた時や寝る前、 
 
食間などでも構いませんが、 
 
 
亜麻仁油だけを単体で摂るのは 
 
ベストとは言えません。 
 
 
 
どんなに良い油であっても、 
 
油は消化が悪く、 
 
消化器官は油単体だと 
 
食品として消化吸収しません。 
 
 
 
つまり、せっかく亜麻仁油を摂取しても 
 
栄養分として体内に 
 
吸収されないので、 
 
何の効果も得られないのです。 
 
亜麻仁油は納豆に混ぜるとおいしい
 
 
亜麻仁油は調理には使う必要はなく、 
 
例えば納豆に混ぜたり、 
 
お味噌汁に入れたり、 
 
料理に少し付け足すだけで 
 
摂取できます。 
 
 
 
味に癖がないので 
 
料理の邪魔をすることもありません。 
 
 
 
ですから、大さじ1杯分を 
 
小分けにして、 
 
いろいろな料理に混ぜて 
 
食べるようにする
のが 
 
亜麻仁油の効果的な 
 
摂り方になります。 
 
亜麻仁油最新ランキングはこちら