亜麻仁油の賞味期限 酸化してしまった亜麻仁油はどうすればいい?


どんな食品にも 
 
賞味期限というのがあります。 
 
亜麻仁油の賞味期限
 
 
亜麻仁油の場合だと 
 
たとえ賞味期限が記載されていても、 
 
開封したら早めに 
 
使い切るようにしましょう
。 
 
 
 
基本的な賞味期限は、 
 
開封後、約1ヶ月から 
 
1ヶ月半ぐらいとなっています。 
 
 
 
しかし、亜麻仁油は 
 
他の油よりも酸化しやすい
と 
 
言われています。 
 

 
 

亜麻仁油は酸化しやすい


これは亜麻仁油の 
 
特徴でもあるのですが、 
 
日光が当たっても、 
 
高温で調理をしても 
 
酸化してしまいます
。 
 
 
 
油が酸化すると 
 
有効成分が変性して 
 
トランス脂肪酸という 
 
有害な成分になってしまいます。 
 
 
 
この酸化した油は 
 
動脈硬化などを引き起こす 
 
大きな原因となります。 
 
 
 
ですので、亜麻仁油の 
 
賞味期限や消費期限がいつであっても 
 
開封したらすぐに使う
というのを 
 
徹底しておきましょう。 
 
 

 

亜麻仁油購入時に気を付けるべき2つのポイント


また、亜麻仁油の購入前に 
 
気をつけたいポイントは、 
 
商品が置かれている場所と 
 
賞味期限
です。 
 
亜麻仁油は日光で酸化する
 
 
亜麻仁油は日光によっても 
 
酸化してしまいます。 
 
 
 
また、いくら濃い色の遮光瓶に 
 
入っていたとしても、 
 
日当たりが良いところに 
 
並べられていると、 
 
日光の影響をうけてしまいます。 
 
 
 
ですので、日光が当たらない 
 
暗い場所に置かれている 
 
亜麻仁油を選びましょう
。 
 
 
 
もう一つの賞味期限ですが、 
 
いくら賞味期限が切れていなくても、 
 
 
長期間置かれている 
 
状態の亜麻仁油だと 
 
酸化している可能性も
あります。 
 
 
 
ですので、賞味期限の期間が短い 
 
亜麻仁油は 
 
買わないようにしてください。 
 

 
 

酸化した亜麻仁油はニオイで分かる!


亜麻仁油が酸化しているかどうかを 
 
見極めるには、 
 
匂いを嗅いでみましょう。 
 
 
 
酸化した亜麻仁油は 
 
いわゆる油臭い独特の匂いがする
ので、 
 
嗅いでみればすぐに分かります。 
 
 
 
もし亜麻仁油が酸化してしまっていたら、 
 
思い切って捨ててしまうのが 
 
一番良いでしょう。 
 
 

 

酸化した亜麻仁油は使わない!


酸化した油は 
 
体に害のある可酸化物質が 
 
たくさん含まれている
ので、 
 
どんな方法であっても 
 
摂取しない方が無難です。 
 
 
 
亜麻仁油は高いので、 
 
捨てたくないと思うかもしれません。 
 
 
ですが、無理に使っても 
 
何の効果も得られないだけではなく 
 
逆に体に不調を 
 
引き起こしてしまうこともあります。 
 
酸化した亜麻仁油は食べないこと
 
 
ですので、亜麻仁油を酸化させないように 
 
保管方法をきちんと守る、 
 
開けたら早く使い切るようにする
という 
 
この2点を徹底しましょう。 
 
 
 
もし料理では使い切れないと思ったら、 
 
美容液代わりに肌に塗ったり、 
 
髪にオイル代わりとして使うなど、 
 
いろいろな使い方を 
 
試してみるといいですね。 
 
亜麻仁油最新ランキングはこちら