亜麻仁油の成分 リグナンとは?


リグナンという成分は 
 
あまり聞きなれないかもしれませんが、 
 
優れた抗酸化作用を持つ 
 
ポリフェノールの一種です。 
 
亜麻仁油の成分 リグナンとは?
 
 
亜麻仁油に含まれるリグナンは 
 
亜麻リグナンとも呼ばれます。 

 
 
 

女性ホルモンのバランスを整えてくれるリグナン


生理物質でもあるリグナンは、 
 
体内に入ると 
 
大豆イソフラボンのように 
 
女性ホルモンのエストロゲンと 
 
似た働きをするという 
 
特徴を持っています。
 
 
 
女性ホルモンの分泌量が減少したら 
 
エストロゲンをサポートし、 
 
分泌量が多すぎる場合は 
 
働きを抑制するなど、 
 
ホルモンバランスを整えてくれるので 
 
婦人科系の悩みを持つ女性に 
 
おすすめの成分です。 
 

 
 

更年期障害の症状緩和効果も期待できる


エストロゲン様似作用を持つ 
 
リグナンの効果の中でも、 
 
もっとも優れているのが、 
 
更年期障害など 
 
女性ホルモンの減少による 
 
症状に対しての効果です。
 
亜麻仁油で更年期障害の症状緩和効果も期待できる
 
 
女性ホルモンは 
 
加齢とともに減少します。 
 
 
 
特に閉経が近くなると 
 
女性ホルモンのバランスは 
 
大きく乱れます。 
 
 
 
女性ホルモンというのは、 
 
感情をコントロールしたり、 
 
髪や皮膚、骨の形成を 
 
サポートしたりするなど、 
 
心にも体にも働きかけます。 
 
 
 
その分泌量が乱れると、 
 
更年期障害だけでなく 
 
不妊症、情緒不安定、体調不良など 
 
さまざまな症状が引き起こされます。 
 
 
 
リグナンは 
 
減少したエストロゲンの代わりに 
 
働いてくれるので、 
 
このような症状を改善したり 
 
緩和するという効果を 
 
得ることができるのです。 
 
 

 

リグナンには生活習慣病を予防する効果もある


また、エストロゲンには 
 
血管の柔軟性を保ったり 
 
悪玉コレステロールの排出を促進したり 
 
さらに善玉コレステロールの合成を 
 
促すという働きも持っています。 
 
 
 
そのためエストロゲンの分泌が低下すると 
 
血管が硬くなり血流が悪化したり 
 
悪玉コレステロール値が 
 
高くなることがあります。
 
 
リグナンには生活習慣病を予防する効果もある
 
 
血管壁の柔軟性が失われると 
 
動脈硬化のリスクが高まり、 
 
それが続くと 
 
生活習慣病の引き金にも 
 
なってしまいます。 
 
 
 
悪玉コレステロール値が 
 
高くなるのも 
 
生活習慣病の危険性を高めますし、 
 
肥満やメタボリックシンドロームも 
 
引き起こします。 
 
 
 
リグナンのエストロゲン様似作用は 
 
血管の硬化を防いで、 
 
コレステロール値を下げる働きも 
 
してくれるので、 
 
動脈硬化や生活習慣病のリスクを 
 
軽減するという効果もあるのです。
 
亜麻仁油最新ランキングはこちら